病院経営に求められる継続的な課題

新着情報

病院経営にとっての薬剤費(5)

No.6

病院経営にとっての薬剤費(5)

総論はさておき、各論における具体的な打開策を示すのが、当コラムの目的であるので、まずは効果的なベンチマークの手法を述べてみたい。多くの病院が最近は価格ベンチマークに多額の支出をしている様であるが、全自病の発表の価格情報だけでも充分対応できる。要は自院の購買ポジションが、規模別でどの辺にあるのかを知る事である。

価格ベンチマーク肝心なのはデータの使い方なのであり、多額の費用を払って全国の価格データを入手しても、大きな無駄使いであり、又宝の持ち腐れになっているケースが多い。

もし自院のポジション(いうなれば偏差値)が低ければ、その問題を分析することが最も大事な作業となる。問題分析作業の具体例は次回詳しく述べたいと思う。

<< 次へ前へ >>

 

 

暦でははや11月。一年もあと2ヵ月足らずとなりました。  …  
...詳しくみる

ヘルスケアシステム研究所

075-223-2260

075-223-2060

info@hcs-ri.com

〒604-0042
京都市中京区西洞院通押小路下る押西洞院町590番地5 ライフプラザ烏丸御池2F(西洞院通御池北西角)