病院経営に求められる継続的な課題

新着情報

フォーラム No25

No.27

病院経営にとっての薬剤費(24)

 薬価交渉がピークに差しかかろうとしています。当コラムでも何度か触れてきましたが、今年度は未妥結減算回避のための、早めの対応が必要です。
 例年であれば、この時期(6月下旬)にはまだまだ価格についての交渉はなされていません。しかし今年は、7月中に各ディーラーからの第1回目の真剣な価格提示を受け、それに基づいた交渉を遅くとも8月中に行う必要があります。
 メーカー・ディーラー共に、この段階では建値はさておきアローアンスやインセンティブについても協議中で、明確な結論は出ていません。当然、病院側としてもどのあたりを目標に交渉すればいいのか、各担当者の方々も苦慮されていることと思います。
 当研究所では例年、全国自治体病院協議会主催の薬価交渉術の勉強会にて、交渉目標の設定についてアドバイスを行っております。つきましては、今年も7月7日(月)と8月4日(月)の2回開催される勉強会において、病院側の交渉に当たっての効果的な取り組み方、目標数値設定のための計算式を提示したいと思います。
 勉強会終了後には、このコラムにて公表いたしますので、参考にしていただければと思います。

                                

<< 次へ前へ >>

 

 

暦でははや11月。一年もあと2ヵ月足らずとなりました。  …  
...詳しくみる

ヘルスケアシステム研究所

075-223-2260

075-223-2060

info@hcs-ri.com

〒604-0042
京都市中京区西洞院通押小路下る押西洞院町590番地5 ライフプラザ烏丸御池2F(西洞院通御池北西角)